妄言録
プロフィール

乃木口正

Author:乃木口正
『妄人社』というサークルで、
小説を書いている乃木口正のブログ。

日々のあれこれ、創作のあれこれについて、
思ったり思わなかったりしたことを書いてきます。



閲覧者数



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



広告



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再びの金沢(前篇)
一週間経ってしまいましたが、文学フリマ金沢に参加された皆様、
お疲れ様でした。

昨年に引き続いての、人生二度目の金沢でしたが、充実した一泊二日でした。
イベントレポを兼ねて、ちょいと感想を書き残しておきます。

昨年は前夜に夜行バスで向いましたが、今回は家族同行だったので、早朝に家を出て、
新幹線で金沢へ。
バスと違って、体力削られなくていいですが、
トンネルが多いせいでネット環境が悪いのが難点でした。

10時過ぎに会場着。
お隣のスペースの市川さんに挨拶をして、設営開始。
昨年の金沢、福岡に続いての隣接スペースなので、
個人的には「どうも、どうも、今日もよろしくお願いします。」くらいの身近な気持である。
まあ、市川さんがどう思われているかは、分からないが。

11時イベントスタート。
と、いっても、弱小サークルは開始直後は寧ろ暇。
午前中に売り上げが上がれば、それはご祝儀です。
本業で磨き上げた胡散臭い営業スマイルを浮かべて、
「どうぞ、御覧なっていってください。」を連呼していると、
あれ珍しい、午前中にお客様ご来店。
我がサークル『妄人社』の中で一番高額の「死体、」をご購入。
ありがとうございました。

昼過ぎに店番を家族に頼み、昼食兼、トークセッションへ。
トークセッションに参加するには、店内で食事をするには時間が微妙だったので、
デパ地下(?)で、お弁当を購入。
最初、とんかつ弁当も美味しそうだな、と思っていたが、『和幸』であることに気付き、
別のお店へ。結局、鳥そぼろ丼を美味しくいただきました。

トークセッションは大学の講義の初回といった感じでした。
あまりディープな話にはいかず、金沢の地が育んだ三人の作家の略歴紹介。
大学では近代文学も齧っていたので、尾崎紅葉門下の鏡花と秋聲は馴染みもあったが、
室生犀星はてんで覚えがなかった。
せっかくなので、折を見て読んでみたいと思う。

スペースに戻ると、新刊を含め、数冊が売り上げてました。
顔も存じ上げぬ方、ありがとう。
家族に聞くと、狙い撃ちで買いに来てくださった方もいたようで、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
ここ一週間ばかり、
ネットで『アフターに呼ばれないので、同人辞める』的な話題が持ち上がっていましたが、
個人的には『自分なんかの本を買ってくれる人間がいる』というだけで、
十二分に同人活動を続けるモチベーションになると思うのだが、他のサークルの方はどうなのか知らん?

2時3時を回ると、全体的にまったり空気になり、両隣と会話。
話題は、昨年と比べてのイベントの盛り上がりについて。
昨年と今年、2回参加している方は、凡そ思ったであろうが、
初回と比べて、2回目はやや盛り上がりに欠ける印象であること。
昨年は、狭い会場スペースに熱が渦巻いているような感覚すらあった。
が、今回はそこまでの熱量を感じたかと言えば、首を傾げざるを得ない。
もちろん、寂しいイベントであったかというと、そんなことは露もない。私は十分楽しかった。
ただ、東京、大阪という大都市を除いての地方文フリ初の2回目である。
理由はどうあれ、トーンダウンしたのは事実。この点をどう捉えるかで、今後の地方イベント――
百都市構想も変わってくるかもしれない。
そういう意味では、秋の福岡が大きな意味を持ちそうである。
乱暴にまとめると、そんな会話だった。

4時を過ぎると、ちらほらと撤収していくサークルさんが目に付く。
他の文学フリマだと、最後まで残るサークルが圧倒的に多いイメージだが、
早期撤収組の比率が今回は多い印象を覚えた。
隣の市川さんの言葉を借りるなら、「ここからが本番」です。
まあ、往生際が悪いだけですけどね……。

イベント終了。
参加された皆さん、お疲れ様でした。
そして、お立ち寄り頂いた皆様、ありがとうございました。
今回は、「半分のトランプ」と「死体、」が売り上げ同数で一位。
二位は、新刊「天ヶ瀬結の事件簿」でした。
少しでも、楽しんで頂ければと願います。

打ち上げは、パスさせていただきました。
他サークルさんとの交流は魅力的でしたが、
連れがいる時は公式打ち上げなどは不参加にしようと思ってます。
自分だけ楽しんで、手伝ってくれた相手に申し訳ない気がするので。
というわけで、会場を後にしました。

そして、長くなってきたので、後篇につづく。
荷造り
あれ、もう6月だ……。

どうも、ご無沙汰です。乃木口です。

最後に更新したのが、東京文フリの直前で、1か月以上前。
いやあ、時間の流れが速くてびっくりです。

そして、明日は文学フリマ金沢です。
私も妄人社で参加させていただきます。

今までいくつかの文学フリマの地方開催に参加してきましたが、
去年、旅行を兼ねて行った金沢が思いのほか気に入って、2年連続の参加です。

料理も美味しいし、街の雰囲気も良い。
明日が楽しみです。

さて、イベントですが、厳密な意味での新刊は今回ございません。
今回は、『天ヶ瀬結の事件簿』の新装版が広義の新刊になります。

今まで新書サイズだったのですが、色々あって(この辺りはあとがきに書いています)
B6判の新装版として作り直しました。

まあ、中身は若干の修正程度で、同じ内容です。
既にお持ちの方は、お気を付け下さい。

ちなみに、表紙の絵はbiki氏に書き下ろしてもらったのですが、
いやー、探偵役の天ヶ瀬結の胸が素晴らしいくらいに大きくなってます。
旧版をお持ちの方も、この表紙の為だけに買うのも有りかもしれません。

↓これが表紙です。
天ヶ瀬結の事件簿公開表紙

それでは、参加される方は、明日金沢でお会いしましょう。

今年度の話
どうも、乃木口です。

気が付けば、暦は四月に入り、世間は新年度になっています。
なので、今年度の同人活動を少し。

5月1日の文学フリマ東京、
6月の文学フリマ金沢、
間が空いて、
9月4日の文学フリマ盛岡、
10月の第4回テキレボ、
11月の文学フリマ東京、
が、参加を予定しているイベント。
あと、年明けての文フリ京都も、綾辻行人と清涼院流水に影響を受けた人間としては気になる。

ちなみに、金沢と盛岡では、新刊を出したいと考えている。
あと、可能なら、テキレボでも……。

まあ、そのあたりはまた追って書くことでしょう。
さしあたっては、来月の文フリなのだが、
仕事のメールに目を通していると気が重くなる。
ストレスを溜めないようにだけはしよう……。

ではでは。
前年度の話
どうも、乃木口です。

気が付けば、暦は四月に入り、世間は新年度になっていますが、
3月に行われたテキレボの感想を書いていなかったので、時計を2週間ばかし巻き戻します。

このブログを何度かお読みいただいている方などは、テキレボが何かご存知でしょうが、
たまたま偶発的に見た人向けに書けば、テキレボとは、『テキスト・レボリューションズ』という、
かなり自由度の高い文章系同人誌即売会の略名である。

どのように自由かといえば、
頒布物の一つが半分以上を文章で構成されていれば良いという点と、
自分主催でイベント内企画を行えるという点。

前者を乱暴に言ってしまうと、日記やエッセイを一冊おいとけば、あとは漫画を置いてもいいし、
別に一次創作という括りもない。
(文章系と謳っておきながら、ここまで自由なものは少ないのではないだろうか?)
そして、後者はイベントに参加されたことがある方はお分かりだが、
アンソロジーを作ったり、スタンプ・ポスカラリーを行ったり、
朗読会を開いたり、果てはカフェを営むこともできてしまう。
もう、ちょっとしたお祭りである。

テキレボを語るときに、『文学フリマ』を引き合いに出して比較するのは目にするが、
今後、より多くの企画が開催されていくと、『超会議』を引き合いに出してくる人も現れるかもしれない。
それが良いのか悪いのか分からないが……。

と、前振りが長くなってしまったが、
そのテキレボに3月21日、妄人社としてサークル参加してきた。

頒布数は、前回よりも良く、「まあ、こんなところだろう。」と納得できる程度には、
手に取ってもらえた。
(何の宣伝活動もしていないのだから、それでも上出来なのかもしれない。)

購入は、ミステリ作品に極力抑えた。
色々気になるものは当然あったが、それらを片っ端から買っていくと金銭的に厳しいし、
何より読み終えることができないからだ。
(今読んでいる本なんて、10年前に買った本である!!)
だから、サークルジャンル問わず、ミステリに絞らせてもらった。申し訳ない。

企画に関しては、今回は何も参加していない。
以前、謎解きゲームの企画を考えてもいたが、色々試行錯誤していく中で、
企画参加サークルのメリットがあまりにないことに気付き、没とした。
が、
次回のイベントでの企画に声をかけて頂き、それに参加させてもらう予定である。
当然だが、何の企画かは、主催者の発表を待ってから公表します。

そして、メインイベント(?)の打ち上げ。
今回は翌日が仕事ということもあり、早めに切り上げさせていただいたが、
同席させて頂いた方々とサークルとしての戦略・戦い方を話し、実のある時間だった。

創作話もそうだし、サークルの打ち出し方など、人の方法論を聞くのがとにかく好きで、
打ち上げは、それがたくさん聞ける本当に良い場所だと思う。
誰か、そうした同人作家の方法論をギュッと一冊にまとめてくれないかなぁ……。

さて、次のテキレボは10月。
アンソロのテーマは『和』で、解釈は自由とのこと(禾と口はだめらしい……)。
よほどのことがない限りは、参加する予定です。

ではでは。
一週間後
さて、来週の月曜日(3月21日)は文芸同人誌即売会テキストレボリューションズの開催日です。
私のサークル『妄人社』もスペースA-11に出店しますが、
もう来週です!!
気付くと直前で、いつもイベント前はビビります。というか、慌てます。

しかし、今回は大丈夫。
なぜなら、昨日新刊の入稿を終えたからです。

新刊のタイトルは『天ヶ瀬結の回想』。
いつも通りのミステリです。作品内容は、暗号ものと嵐の山荘ものの二本立て。
今まで以上にミステリへの熱がこもった作品になっています。
イベントに参加される方は、よければ立ち読みだけでもしていってください。
(5月の文学フリマ東京と6月文学フリマ金沢にも持参する予定なので、そちらでも是非。)

表紙のイラストは友人のbikiに、忙しい時間を縫って描いてもらった。
とても可愛いイラストに仕上がってます。
天ヶ瀬結の回想 表紙絵
表紙の価値が九割を占めるといっても過言ではありません。(むしろ、十割か?)

一週間あるので、既刊の作品紹介的なペーパーも作りたいと思っているのだが、
結局この作業でギリギリまでバタバタしてしまいそうではある。
はてさてどうなるか……

ではでは。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。