妄言録
プロフィール

乃木口正

Author:乃木口正
『妄人社』というサークルで、
小説を書いている乃木口正のブログ。

日々のあれこれ、創作のあれこれについて、
思ったり思わなかったりしたことを書いてきます。



閲覧者数



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



広告



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誤解
書き手、読み手ともに誤解されている気がする事柄があるので、少し記したいと思う。
それは、「ファンタジー」よりも「ミステリ」のほうが、書くのに敷居が高く、難しいという誤解。
確かに、本格ミステリはロジカルさが求められることが多く、敷居は高いのかもしれない。しかし、ファンタジーと比べて、執筆が難しいかといえば、決してそのようなことはない。むしろ、私はファンタジーのほうが苦労する点が多く、難しいと思っている。
ロジックというと難しく感じてしまうのだろうが、平たく言ってしまえば、矛盾がないかということである。なので、現実の組み合わせを間違えなければ、極論ミステリは誰にでも書ける。
しかし、ファンタジーは違う。ファンタジーは存在しない、架空の世界を描く。街並、動物、道具、文化・文明、そして価値観。これらを一から構築していかなければならない。
ファンタジーは自由に書けると思われがちだが、思いつくままに書いていたら、とんでもない世界になってしまう。例えば、剣などの武具が安価で買えるに、その他の鉄鋼技術は低かったり(※①)、識字率が高いのに(※②)、学校もしくはそれに類するものが存在しない。
揚げ足取りに聞こえるかもしれないが、こうした細かな点が積み重なり、文化や文明、そして登場人物たちの価値観となる。なので、存在しない世界だからといって、思い付きで書けるわけではない。むしろ、下手な一文で世界を崩壊させてしまう可能性さえ、有している。ファンタジーの文章はデリケートなのだ。
「優れたファンタジーは歴史小説だ」というのは友人の言だが、私もそう思う。時代にそぐわないものを歴史小説で書くわけにはいかない。ファンタジーも同じだ。
しかし、現代ミステリは現実にあるものを描くのだから、神経を尖らせる必要もない。自然主義が如く、ありのままを描けばよい。

さて、早足ではあったが、これでもミステリは敷居が高く、難しいと思うだろうか。ファンタジーを書いている皆さん。また、書こうと考えている皆さん。あなた方が書いている(書こうとしている)小説のほうが、ミステリよりももっと神経質でデリケートです。なので、気晴らしにミステリを書いてみませんか?
そして、文フリやテキレボなどの即売会で頒布しませんか?
ミステリジャンルはサークル数が少ないので、目立ちやすいですよ。

――という、ジャンル勧誘の文章でした。
ではでは、

※①…安価で武具が買えるということは、その国(もしくは世界)の鉄鋼技術は優れているはずなのに、街並に鉄製品が全く出てこない不思議。
※②…店の看板が「文字」で書かれている場合、町や村の人々は多くが字を読めると考えられる。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://mojinnsya.blog.fc2.com/tb.php/98-95f5e067
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。