妄言録
プロフィール

乃木口正

Author:乃木口正
『妄人社』というサークルで、
小説を書いている乃木口正のブログ。

日々のあれこれ、創作のあれこれについて、
思ったり思わなかったりしたことを書いてきます。



閲覧者数



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



広告



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫アンソロジー
3月21日に開催される同人誌即売会Text-Revolutionsの公式アンソロジーが、
WEB版としてホームページで閲覧することができる。
このアンソロジーは毎回テーマがあり、一回目は『はじめての☓☓』、二回目は『再会』、
そして今回が『猫』である。
(4000字という規定もあり、原稿用紙10~12枚程度の掌編なので読み易い。)

僭越ながら私も作品を寄稿させて頂いた。タイトルは『黒い猫』。
今回のテーマを聞いて、まず思い浮かんだのがポオの『黒猫』である。これをどうにかひねくって、一本ものにできないだろうかと考えはじめたのが出発点。
しかし、よくよく考えれば、『黒猫』という作品は猫は出てくるが、
けっして猫がテーマというわけではない。
物語の主題となる『猫』とは何か、とあれこれ考え回した末、出来上がったのが今作品。
今日(2/20)の段階ではまだアップされていないが、来週末ぐらいには全作品が公開されていると思うので、興味のある方はご一読頂ければと思います。

ちなみに、登場人物である沖柚人(おきゆずと)、角江青(かどえあお)、角江杏(かどえあん)の名前は、ポオから発想をはじめた名残です。

それにしても、他の方々の小説を拝読させて頂いていると、ただただ凹んでくる。
素直にかわいい猫を描く小説群に、自分は何か大きな誤りを犯しているのではないか。場違いなのではないかと、不安に圧し潰されてペシャンコです。

新刊の執筆がままならないのもきっとこれが原因なのだと思う。きっとそうだ。そうに違いない!
   ・
   ・
   ・
ええ、テキレボで頒布する予定の新刊の進捗がかんばしくありません。
いい加減本腰を入れなければならないと分かっているのですが……。
ああ、猫の手も借りたい。
   ・
   ・
   ・
   ・
おあとがよろしいようで! ではでは!!

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://mojinnsya.blog.fc2.com/tb.php/84-c71e9b7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。