妄言録
プロフィール

乃木口正

Author:乃木口正
『妄人社』というサークルで、
小説を書いている乃木口正のブログ。

日々のあれこれ、創作のあれこれについて、
思ったり思わなかったりしたことを書いてきます。



閲覧者数



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



広告



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二回テキレボお疲れ様でしたー
昨日、浅草で第二回テキストレボリューションズが開催された。
このブログでも何度か話題に上げているので、今さらの感もありますが、
テキストレボリューショズ(以下、テキレボ)とは、テキスト系同人誌即売会である。

テキスト系同人誌というのは、テキレボ定義で言うと、半分以上が文章で構成されている同人誌である。
例えば、短歌・俳句・詩はもちろん、絵本であったり、TRPGリプレイ、あと書画も含まれるのだから、まあなんでもありと言っていいと思う。

で、その即売会が昨日行われたわけである。

主催の御拗さんとは私が個人サークルを立ち上げた時からの縁で、テキレボも半年前の第一回から参加させてもらっている。

そして、今回が第二回目なのだが、前回同様、いやそれ以上に御拗さんの思いが現れているイベントだった。

主催者は以前からテキレボというイベントの目標として、「全参加サークルが黒字となるイベント」を掲げている。
その為にどうするべきかを考え、少しでもプラスになるのであれば貪欲に取り入れようとする。
例えば、舞台を用意して朗読劇を行ったり、イベント終了後のウェブラジオの収録をやったり、他にも様々な企画が一イベントの中で行われた。
それに、サークル側もスタンプリレーをはじめ、ポストカードリレーなど、他にも色々なミニ企画を催している。
こうした連携は、主催の理念をサークル側も共有しているからだと思う。

内側のスタッフと外側の参加者が、ともにイベントを盛り上げようとする意志を本当に強く感じる。

同人活動は売るだけが目的ではない。
でも、自作をお金を払ってまで買ってくれるというのは、本当に嬉しいことだ。
テキレボは皆がそれを感じるための場を、みんなで創るイベントなのだと改めて思った。

スタッフの皆さん、サークルの皆さん、そして一般参加の皆さん。昨日はお疲れ様でした。
また、第三回でお会いしましょう。

追記
一夜明けて、ふと思いついた企画がある。
イベント内での『リアル謎解きゲーム』。
スタンプラリーと同様にいくつかのサークルスペースを回り、情報やアイテムを手に入れて謎解きをするという企画である。
まあ、一人では出来ないので、協賛してくれるサークルがいくつか得られれば、やってみたい気もするが、物臭な私が果たしてそのような面倒を成し遂げられるか、甚だ疑問ではある。
でも、出来たら楽しそうではある。

十一月の文学フリマの時までヤル気があれば、御拗さんに投げかけてみようかな?

ではではー

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://mojinnsya.blog.fc2.com/tb.php/73-5f859ea8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。