妄言録
プロフィール

乃木口正

Author:乃木口正
『妄人社』というサークルで、
小説を書いている乃木口正のブログ。

日々のあれこれ、創作のあれこれについて、
思ったり思わなかったりしたことを書いてきます。



閲覧者数



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



広告



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間に合いそうです。
どもども、こんにちは。乃木口です。

文学フリマ金沢まで、あと一週間。
スペース番号をこの場に書いていなかった気がするので、書いておきます。

『う-26』妄人社
です。

いつも通り、ジャンルはミステリです。
そして、新刊が出ます(大きなトラブルがなければ……)。

タイトルは、『四つの筆名』。昨年からこのブログ内でも何度か発表している名前ですが、
ようやく書き上げることができました。
ちなみにストーリーは、『四つの署名』となんら関係ありません。ただのタイトルパロです。

背表紙には、こんな概要が記されています。
『はじめて参加した同人誌イベントで、オレ――乃木口正がサークル『9434』から貰ったリレー小説
『紅花荘の殺人』。野々村和馬、火院阿部瑠、小野光司、槍尻恵と四人の連名の同人誌だったが、
結末となる四人目の作品は抜け落ちていた。そして、その四人目の作者が死体として見つかる。
フィクションと現実の中に隠された謎。それらが一つになる時、犯人の姿が現れる。』

昔から作中作物が好きなんです。
『匣の中の失楽』とか、『迷路館の殺人』、『コミケ殺人事件』などなど。
なので今回、本編と作中作が交互に展開する物語を作ってみました。楽しんでいただければ何よりです。

表紙などはいつも通り、盟友biki氏に書いていただきました。
当初120ページと伝えておきながら、140ページに膨れ上がり、背幅の調整など、
本当に迷惑をかけました。次は、迷惑かけないように頑張ります……。

で、その表紙絵がこれまた素晴らしい。
ヒロインの可愛さはもちろん、端々に隠されたギミックがもう、最高です。
ちなみに、これが表紙です。

四つの筆名 公表カバー

色々な点で、遊び心満載の本に仕上がりましたので、
是非文学フリマ金沢に参加される方はお立ち寄りください。

ちなみに、5月の文学フリマ東京にも参加します。参加スペースは『イ―42』です。
こちらについては、また今度アナウンスします。

ではでは、
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://mojinnsya.blog.fc2.com/tb.php/57-72f21fe8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。