妄言録
プロフィール

乃木口正

Author:乃木口正
『妄人社』というサークルで、
小説を書いている乃木口正のブログ。

日々のあれこれ、創作のあれこれについて、
思ったり思わなかったりしたことを書いてきます。



閲覧者数



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



広告



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テキレボ4 感想
こんにちは。乃木口です。

10/8に開催された同人誌即売会『Text-Revolutions』に参加してまいりましたので、その感想を書いておこうかと思います。これ以上引き延ばすと、面倒臭くなって書かないだろうからね。

さて、毎度のことですが、今回も色々とあったイベントでした。
全てを書くのは無理ですが、いくつかのトピックスを中心に記します。

まず、イベント当日ではないですが、今回のイベントに関連することで一番大きな出来事は、
前日に市役所に離婚届を取りに行ったことです!
役場の方は親切で、「子どもの権利書などもお持ちになります?」というようなことも仰ってくれました。
「いや、子供はいないので大丈夫です。」
と断り、その気遣いに心苦しさを抱きながら帰路へ。
そして、自宅で力強くマジックで必要なものを記入。
これで、心置きなくイベントへ参加する事ができる。

で、当日。
小雨ちらつく中、台東館へ足を踏み入れると、エレベーターホール前が人だかりでいっぱい。
何事かと思えば、他のフロアでやっている、紅茶のイベントや他の即売会にやってきた人々が折り悪く重なってしまったようでした。
一瞬、エレベーターが故障して、立ち往生になっている人だかりかと思ったので良かったです。(←テキレボにやってきた一般参加者だと思わないあたりが、我ながら薄情だなあと、あとから思ったりしました……)

会場入りし、設営開始。
テキレボの机は他の即売会と比べても大きい。横幅はほぼ同じだが、縦幅(奥行)が倍。
つまり、スペース内側から見ると、通路がすごく遠く見えるのです。
さすがに三回目なので慣れましたが、はじめて見たときは面食らいました。色々置けるのはいいけれども、会計が少しだけ大変なので、台東館未経験の方はお気を付けを。

その有り余るスペースを埋めるため、今回は珍しくちょっと凝ったことをしようと思い、事前準備をしてきました。
ツイッターでも呟いたのですが、『みにみす?2』という自著の表紙を模したディスプレイをするというのが、それです。
で、購入しておいたハロウィングッズの手首を、『みにみす?2』と書かれた離婚届の上に設置。
そう、離婚届はこのためにもらってきたのです。
いやー、役場の方があんなに気を使ってくれたのに、こんなくだらないことに使用してしまい、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。すみません。

イメージに近い形で設営はできたのですが、手首が思いのほかグロくて我ながらドン引きです。
ディスプレイを変更するか迷いましたが、せっかく準備をした小道具たちなので、そのままにしました。

で、イベントがはじまると、まあ、みんな驚きますよね。
ふらふらと机の上に並べられた色取り取りの頒布物を眺めていたら、手首がごろりと置かれているのだから。
最初は驚かせてしまって申し訳ないなあ、と思っていたのですが、段々と人が驚くさまが面白くなり、
終いには驚いた方に「どうぞ、おさわり自由です。」と手首に触ることを勧める始末。
頑なに断る方や、恐る恐る触れる人のその様子がまたたまりません。(こんなんだから、『良い性格』と褒められるのだろう)

ちなみに、両隣のサークルさんからも「動くようにした方がいい」などのアドバイスをいただき、大概なのは自分だけでないと心強くなれました。ありがとうございます。

買い物。
今回は手伝いなしで、一人で売り子をしていたので、買い物は何回かに分けて駆け足でものになり、じっくり見ることができなかった。一人サークルの不便な所は、買い物ができないというまさにここだと思う。
でも、当初から定めていた物はある程度買えたので、まあ良しです。

購入したのは、
・雲造探偵事務所事件録/tanaka
・それはいわゆる死亡フラグというものでして。/夕凪悠弥
・独りの青/森瀬ユウ
・電脳カリカチュア/清森夏子
・鍵が見つかりませんお月様。/土佐岡マキ
・濁流の果て/橙河さゆ
・オタクなカノジョのレンアイ事情②、③/堺屋皆人
(敬称略)の以上八点。すべて、ミステリ、サスペンスのふれこみがある作品ばかり。
他のジャンルに興味がないわけではないのですが(こう見えて、純文や評論も読みますよ)、
やはり自ジャンルのものはいろんな意味で一番気になります。

以前に比べ、ミステリ系の発行物が増えているのは、本当に嬉しいのですが、一つ不満を言えば、
何故『ミステリ風』だとか『なんちゃってミステリ』とか言うのか。
『ミステリ』でいいじゃん。「これが俺/私のミステリです。」と言えば良いじゃん。と、いつも思ってしまう。
いや、分かりますよ。自分みたいなメンドクセー奴に絡まれたくないから、
ミステリではないですよ、と断っているのは。
でもさ、でもさ……(以下略)

さて、だらだらと書いていると延々と続いてしまうので、ひとまずここまで。
打ち上げ、二次会については気が向いたら書きます。

ではでは。
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://mojinnsya.blog.fc2.com/tb.php/101-c81578fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。