妄言録
プロフィール

乃木口正

Author:乃木口正
『妄人社』というサークルで、
小説を書いている乃木口正のブログ。

日々のあれこれ、創作のあれこれについて、
思ったり思わなかったりしたことを書いてきます。



閲覧者数



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



広告



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掃除
昨日、部屋の掃除をしていたら、数年前に仲間内で制作した同人誌が大量に見つかった。

『ぷよまん』という同人誌なのだが、1~4号まで二年半の活動をしていた。
文芸同人の世界に戻ってきたのも、これが切っ掛けと言っても良い。

懐かしさに、ついつい掃除の手を止め、ぺらぺらとページをめくってしまう。

色々やった。
オリジナル創作。
プロット交換創作。
BLもどき小説。

自分で言うのもなんだが、一生懸命書いている。
試行錯誤している様子が、行間からよみがえる。
でも、だからこそ痛々しい。
そして、気恥ずかしい。

このまま闇に葬りたいような、忍びないような……。

気分と荷物の量によっては、第二回テキレボに無料本として持って行こうか知らん?
スポンサーサイト
秋の予定
朝夕がめっきり肌寒くなり、夏の終わりと秋の訪れを実感する今日この頃。

夏の間、イベント参加していませんでしたが、秋からは性懲りもなく同人活動を再開します。
(まあ、イベント参加していなかっただけで、夏の間も短編を二つほど書いていたのですが……)

まず、秋のイベント一発目が10月10日の第2回 Text-Revolutions。
そして、25日の文学フリマ福岡、11月23日の文学フリマ東京の3イベントが参加予定です。

一応、テキレボと文フリ東京では新刊を出したいと考え中です。
(余裕があれば福岡もですが、日程的に厳しいかな、と)

春の段階から腹案はあったのですが、ここ最近別ジャンルの小説が書きたくなってる自分がいて、
どーしよーかなー。
と、迷っている状態。

今まで『乃木口正』名義の同人活動は基本的に推理小説に分類されるものを書いてきたのですが、
今回悩んでいるのは、エロ小説。
脈絡なく、不意に書きたくなったのです。
アイデアもあって、視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚の五感を題材にした5本の短編集。

一方、もともと考えていたのは、大学生の時分に原型を考えていた小説。
一つの死体からはじまる、群像劇。
推理小説の中心点は被害者だ、という考えに突き動かされていた時期に考えたアイデア。
今もその考えに大きく変わりはなく、物語の中心には被害者乃至は被害物があり、
物語世界の連続線を分断するのがその中心点。
中心点の過去から光を照射するのが犯人で、未来から光を照らすのが探偵。
過去と未来から照らし出された被害者は立体物として浮き上がる。
大雑把だが、以上が私の推理小説観であり、こうした作品を書きたいと考えていたのですが、

はてさて、エロ小説になるか、はたまたいつも通りの推理小説か。

よければ当日をお楽しみにしてください。

結局新刊落ちました、というダサい落ちだけは避けたいな……。
ではでは、

とんかつが食べたくなった話
先日、バラエティー番組を観るともなく眺めていたら、とんでもない内容が放送されていた。

それは、『四国とオーストラリアを間違えないか?』というもの。

詳しく説明すると、日本地図で四国が描かれている位置にオーストラリアの形をした島を置き、
それに気が付くのか、という内容である。

テレビの中で多くの人間はそれに気が付かず、視聴者に笑いを誘っていた。
唯一、オーストラリア出身の人間だけが、地図の異変に気が付いたくらいだ。

しかし、私が驚いたのは放送の中身ではない。
『四国とオーストラリアを間違える』という企画そのものに、驚いた。

ネタばらしになってしまうので作品タイトルは伏せるが、
モロ『☓☓☓☓☓☓☓』である。

まさか、テレビでそれを見ることになろうとは思ってもいなかった。
と同時に、ネタばらしだけど良いのか?
という疑問が浮いた。

まあ、読んでいる人間しか気付かないし、視聴者とあれをこれから読む層が被るとも思えないので良いのかな?

ともあれ、番組を観終わった後、金田一少年を読みながら、とんかつが食べたくなったのでした。
(分かる人だけ分かってくれ……)

ではでは、




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。