妄言録
プロフィール

乃木口正

Author:乃木口正
『妄人社』というサークルで、
小説を書いている乃木口正のブログ。

日々のあれこれ、創作のあれこれについて、
思ったり思わなかったりしたことを書いてきます。



閲覧者数



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



広告



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最速
先ほどまで、ボクシングWBO世界王者決定戦が行われていましたが、
いやー、
物凄い濃縮されたドラマがありました。

まず、この試合の一番の見所は、日本最速での世界王者誕生なるか?
という点。

井上尚弥の6試合目での世界タイトル奪取が日本最速であったが、
今回試合に臨んだ田中恒成はなんと5試合目での世界挑戦。
プロでまだ4試合しかしていないという、この戦績に驚かされます。
だって、普通に考えたら、6回戦にようやく上がったところですよ。

序盤は田中の距離で、相手のガードの隙間を縫うようにパンチが入り、
短期決着もありえるのではというほどの、攻勢ぶり。

しかし、中盤、相手の距離であるクロスレンジでの打ち合いに対抗し、
ショートフックの連打を浴びてしまい、足が止まります。

ずるずると相手の圧力に負け、ロープやコーナーに追いやられて滅多打ち。
そんな、悪いイメージがチラつく中、しかし、怪物と呼ばれる選手はここから立て直す。

アッパー気味のパンチを要所要所で当て、カウンターを狙い、テンポを取り戻すと、
後半は中盤の止まった足が嘘のように軽快なフットワークが戻り、再びペースを自分のものとした。

そして、12ラウンド終了。
私の採点では、3ポイント差で田中の勝利と踏んだのだが、
ジッャジによって視るポイントは違うので勝ち名乗りが上がるまで油断はできません。

結果、3―0で田中恒成が日本最短での世界タイトル奪取。

本当に素晴らしい試合でした。

最近は統一選など、ビッグマッチが続いていますし、
『強い』と唸る日本人チャンピオンが多くて良いですね。
××(自主規制)の試合なんて放送するより、もっとボクシング中継を活発に行って欲しいものです。

大体、××では■■■になれないのに、○○しないのは非国民のように扱いやがって……、

おっと、
迂闊なことを口走らないうちに、ではではー

スポンサーサイト
一月ぶり。
5月4日の文学フリマからだいぶ間が空いてしまいましたが、
妄人社にお立ち寄りいただきました全ての方に感謝を申し上げます。

「ありがとうございます。」

細々とながら、めげずに同人活動を続けていられるのも皆様のお陰です。
これからもよろしくお願いします。

さて、秋まで妄人社はイベント参加予定はありませんが、
ひとつ誘われている企画があるので、コソコソと活動は行ないます。
開店休業中と言った感じですね。

秋に向けて長編のアイデアも構想していますが、
時間的余裕は今のところあるので、ブログの更新を定期的に行えるようにしたいなー、
とは、思っていますが、はてさてどうなるか。

まあ、適度に頑張っていきます。

ではではー、




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。