妄言録
プロフィール

乃木口正

Author:乃木口正
『妄人社』というサークルで、
小説を書いている乃木口正のブログ。

日々のあれこれ、創作のあれこれについて、
思ったり思わなかったりしたことを書いてきます。



閲覧者数



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



広告



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝・第一回 Text-Revolutions開催
時間が空いてしまったが、
三月八日川崎で催された第一回テキストレボリューションズに参加してきました。
とにかくもう主催者の情熱を感じるイベントだった。

その感想を少し、書いておこうと思います。

会場に辿り着いて目に付いたのは見本誌コーナー。
壁に設置された棚は本を面置でき、書店のオススメコーナーの様相。普通、こうした見本誌コーナーはテーブルに雑然と並んでいるイメージだったので、大きく驚かされた。また、本を並べた時に本当に良く表紙が映える。後から聞いた話だと、前日夜中までかかって製作したというのだから、頭が下がります。

他にもイベント内でのみ使用できる疑似通貨を作り、会場で流通が活性化するように工夫したりもしてあった。

主催の御拗さんに最初に出会ったのは数年前の文学フリマで、当時まだ私は個人サークルを立ち上げる前――仲間内でやっていた合同サークルで『半分のトランプ』を販売した回なので、2012年5月6日のはずだ――確か『本の杜』のフライヤー配布をしている途中、彼がその本をわざわざ買ってくれた時だ。
その後、御拗さんのホームページで『半分のトランプ』を紹介していただいたことは感謝という言葉だけでは言い尽くせない有り難さがあった。あれがあったからこそ、作品が何処かに届くという可能性を信じて今も小説が書けるのだと思う。

恐らく御拗さんがテキレボで行おうとしているのはそうした小説(だけではないが)を書き続けていける場の提供なのではないかと思う。

以前『本の杜』の打ち上げで語っていた「魅力ある即売会とは、参加サークルの本がたくさん売れる即売会」という内容が端的にそれを表している。サークル参加者にとって、自作がより多くの人の手に渡る場ならば是非ともイベントに参加したいと思う。コミケがまさに良い例だ。
自作が見向きもされなかったなら、誰だってモチベーションは下がり、多くの人が手に取ってくれればテンションは上がり、次への活力になる。そして、書き続けていけるだろう。

見本誌コーナーの工夫や疑似通貨などは一冊でも参加者の本が多く売れるための手段だ。

本当にこのテキストレボリューションズというイベントは主催者の情熱――いや、魂がこもっている。次回の開催もすでに決定しており、十月十日に行われるとのこと。会場も広くなり、参加サークル数も増えるので、「とにかく自作の同人誌を多くの人に読んでもらいたい。」と思っている人は参加してみることを、私はオススメします。

だって、主催者が一冊でも多く売れることを望んでいるのだもの、これ以上心強いことはない。
そして、買い手・売り手問わず、参加者の内側で何らかの革命が起きることも、彼は望んでいるのだと思う。

イベント当日も色々ありましたが、ひとまずイベントの所感です。
ただ、あまりに持ち上げすぎても気持ちが悪いので、最後に一つ不満点を述べて終わりにしたいと思います。

「BGMが90年代!」

ではでは、

スポンサーサイト
ミステリ・ディナー
昨日、13日の金曜日、
神田は早川書房の地下にあるフランス料理レストラン『ラ・リヴィエール』でディナーを楽しんできました。
ホワイトデーのお返しを兼ねて、前々から行ってみたかったお店をチョイスしたわけです。

何故、このお店に行ってみたかったのか?

それは現在行っている特別料理が気になっていたからです。

そのコースメニューの名前は『シャーロック・ホームズ ミステリ・ディナー』。
ホームズの冒険譚にちなんだ料理をコースで楽しめる、考えただけでにやけてしまう料理です。

内容は以下の通り。

食前酒
・『シャーロック』、『ホームズ』、『ワトスン』、『アイリーン・アドラー』、『ピンク色の研究』のいずれかひとつ。
まずは食前酒の選択ですが、お酒が強くない私は比較的飲み易そうな『アイリーン』を選択。
注文する際に『あの女性』と言いたかったところですが、さすがに恥ずかしいので我慢。

前菜
・エッグ・ベネディクト・カンバーバッチFINAL
最初に運ばれてきた前菜が卵料理で少し吃驚。
普通、もう少し軽い、さっぱりした品が多いので意表を衝かれたものの、さほど重くなく、すんなりと食べられました。

魚料理
・バスカヴィル家の犬
続いて魚料理ですが、どちらかというとスープです。
表面をグラタン風に焼き目を付け、ダートムアの沼地をイメージした底が見えない飾り立て。
スプーンを滑り込ませると、ホタテやえび、魚などの魚介とブロッコリーなどの野菜が掬いあがります。
濃厚な旨みが出ていて、ぺろりと飲み上げてしまいました。

サラダ
・赤毛連盟
サラダは至ってシンプルなのですが、真っ赤なにんじんが千切りにされ、
これでもかと盛り付けられてまるで赤毛男性の頭のようです。

肉料理
・ボヘミアの醜聞
肉料理はじっくりと煮込まれた肉がナイフを当てるとすんなりと刃をとおし、口の中でほろほろと崩れます。微かに残るワインの香りが深みを感じさせました。
個人的にはこの肉料理が一番美味しかった。

デザート
・悪魔の足
最後はずっしりと重い、チョコレートケーキ。端にチョコソースとイチゴソースが添えられ、ふたつの味が楽しめ、プレートにはココアパウダーでホームズのシルエットが描かれていました。

カフェ
・『ベイカー街イレギュラーズのレギュラーコーヒー』、『モリアーティー』、『7%溶液』のいずれかひとつ。
私は『7%溶液』をチョイス。
「こいつは身体にはよくないかもしれないが、精神をひきたて、すっきりさせること受け合い」です。まあ、ただのエスプレッソですけどね。

料理名だけをを見てもまったく持ってどのようなものが運ばれてくるのか見当が付かず、
不安な点もありましたが、店内のBGMは現代版ホームズ『シャーロック』の挿入曲を使用し、
壁には今までホームズを演じた役者の写真やポスターなどが額に納められ、
終始顔がにやけた状態でした。
オレンジの種五つだけが出されなくてよかったし、
デザートは蜂蜜を使用したものでもよかったのにと夢想しつつ、とても楽しめました。
店員さんも気の良い人たちばかりで、過去に行った時の話などを聞かせていただきました。

是非、また伺いたいと思います。

追伸…テキレボの感想はもう少しだけ待ってください。内容が濃すぎて何を書くべきか構想中です。

ではではー、





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。