妄言録
プロフィール

乃木口正

Author:乃木口正
『妄人社』というサークルで、
小説を書いている乃木口正のブログ。

日々のあれこれ、創作のあれこれについて、
思ったり思わなかったりしたことを書いてきます。



閲覧者数



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



広告



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の隠し球
今年の同人活動の予定を少し書いておきたいと思う。
何せ予定を立てておかないと、またイベント直前までバタバタとすることになるだろうからね。
プランを立てておけばきっと昨年のようなことないはず。

……昨年は本当に多くの人にご迷惑をお掛けしました。スミマセン。

で、気を取り直し、今年の予定。

まず、参加イベントは
三月の『本の杜』
五月の『文学フリマ』
八月の『コミックマーケット』
十一月の『文学フリマ』
十二月の『コミックマーケット』
こんなところでしょうか。
九月の『文学フリマ大阪』は現在検討中。地方遠征ってした事ないから、ちょっとしてみたい気もする……。

ただ、最近参加イベントがマンネリしているので、ちょっと違うイベントに飛び込んでみたい気もするので、
追加が出れば、随時報告します。

さらに、今年の執筆予定としては、
『天ヶ瀬結の回想①~仮面荘事件』
『四つの筆名』
『みにみす?』
『再訪』
以上の四つを考えている。

『天ヶ瀬結の回想』はいつも天ヶ瀬結シリーズの短編。
『四つの筆名』も天ヶ瀬結シリーズ。中編くらいで考えている。

『みにみす?』はノンシリーズのミステリショートショート。
コミケで、「朗読できるくらいの短いミステリ」を求める声があったので、やってみようかと……。

『再訪』はある漫画の二次創作(?)。メディア化が再びあればやりたいと思っているのだが、
はてさてどうなることだろうか……。
個人的には劇場公開とかしてほしいところなんだけれども。

とまあ、今現在描いている今年の青写真はこんなところです。

もちろん、私生活の方で激変が起これば活動も大きく変わってくるでしょうが、
出来ることならば無事一年を完走したいものです。

ではでは、

スポンサーサイト
C85感想
新年の挨拶でも書きましたが、冬コミに参加された皆さん、お疲れ様でした。
三日目当日は天候にも恵まれ、陽が射す場所は暖かく過ごしやすい日でした。
会場の中も、割りと暖かかったです。
……シャッター付近以外は。

ええ、我が『妄人社』のスペース位置の『ら-27b』はシャッターに向かい合うかのような場所でした。
サークル入場して、スペース準備をしている間はシャッターが閉まっていたので、
「なんだ、上着なくても過ごせそうだな、」
なんて甘い考えを抱いていました。

が、
シャッターが開くと寒気が流れ込み、買ったばかりのホットのお茶はたちまちに冷たくなるし、
大人しく座っていると膝に冷風が当たり、寒いというより痛い。
通風持ちだったら、確実に悶絶していたでしょうね。

でもまあ、今回も多くの人にお立ち寄りいただいたので、愚痴を零していたら罰が当たりますね。

顔見知りの方ですと、
『StrayCat』の御拗小太郎さん
『月砲屋』の岡野谷かる太さん
『ぽっぽこっこ』の星野実さん
本当にいつも御世話になっております。感謝感謝です。

名前などは存じ上げないですが、定期的に買っていただいている方もいらっしゃるようで、ありがとうございます。
貴方たちのお陰で、私は同人活動を続けられています。
今後も何卒よろしくお願いします。

また、今回はじめてお立ち寄り頂いた方にももちろんお礼申し上げます。
「好きな推理作家は誰ですか?」と尋ねてきた方、三人も名前を挙げてすみません。しかも、方向性の違う作家三人だったので、困りましたよね……。
ちなみに、綾辻行人、笠井潔、清涼院流水(五十音順)の御三方を上げさせて頂きました。
「短編ミステリはないですか、」とお声頂いたお二方、お陰さまで新作のアイデアが浮かびました。五月の文学フリマまでに形に出来たならば、と思っています。よろしければ、またお立ち寄りください。

ほかにも、色々とエピソードはありましたが、限がないので割愛させて頂きます。

それにしても、イベントに参加させていただくたびに思うのですが、私は本当に恵まれている、と。
『新葉高校新聞』のシリーズなんて、コピー本ですし、
『天ヶ瀬結』シリーズは表紙詐欺のような代物。
それでも、買ってくださる方々がいる。
これは本当に作り手として、幸せなことです。
いつの日か、誰もが驚愕し、そして膝を叩くようなミステリを書けたならばと考えています。
出来ることならば、その本が少しでも早く貴方の手に届きますように……。

ではでは、

新年のご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。

皆様、昨日はコミケお疲れ様でした。
お立ち寄り頂いた方々には、心より感謝申し上げます。

本年もサークル『妄人社』は細々とながら、創作活動に励んでいきたいと思いますので、
ますますのご贔屓よろしくお願い致します。


妄人社 乃木口正




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。