妄言録
プロフィール

乃木口正

Author:乃木口正
『妄人社』というサークルで、
小説を書いている乃木口正のブログ。

日々のあれこれ、創作のあれこれについて、
思ったり思わなかったりしたことを書いてきます。



閲覧者数



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



広告



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理力が共にあらんことを
きのう、ディズニーランドに行ってきた。

目当ては、新しくなった『スター・ツアーズ』。

幼少時からの『スター・ウォーズ』好きが、乗らないわけにはいきません。

が、新アトラクションという事もあって、随分と長い列……。
でも、辛い事や悲しい事に心を乱されていては、真のジェダイにはなれません。
心を決めて、列の最後尾に。

タトゥーインのような陽射しに、焼豚になることも覚悟していたのだが、
意外とスムーズに列は動き、建物内部へ。

内部は、銀河空港といったイメージで作られており、大画面に旅行先の惑星のPR映像や帝国軍への勧誘映像、
またドロイドが仕事をしている様子など小ネタが色々用意されていて飽きさせない。

特に、帝国軍の勧誘映像が流れると同時に、音楽も帝国のテーマに切替り、テンションは上げ上げ

そして、いざ搭乗。
(アトラクションの内容としては、スタースピーダーという宇宙船に乗って、銀河旅行をするという設定。
ルートも50種類以上あるとのこと!)

乗り物が動き出すといきなり、ダース・ベイダーが登場。
「その中に反乱軍のスパイがいる。」
そう言って、襲い掛かってくるのを辛くも逃げ、ライトスピードで別の惑星へ。

その後、迫力ある3Dと座席の可動に振り回されながら、反乱軍の基地へ向かい、アトラクション終了。

以前の『スター・ツアーズ』に比べると、座席の可動は激しくなくなった気もしたが、
ルートが多岐にわたるようになり、何度乗っても楽しめるようになったのはとても良かった。
結局、3回乗ったし……。

最後に、前に並んでいた女子二人組みに、一言言いたい。
「とりあえず、エピーソドⅠ~Ⅵ観てから乗れっ。」


スポンサーサイト
お疲れ様でした
少し遅くなりましたが、「超文学フリマ」に参加された皆様、お疲れ様でした。

普段の文学フリマと色々と違いがあって、皆さん色々思うところがあったのではないかと思います。
私はありました。

後日その辺りは書きたいと思いますが、長文になる可能性があるので、今日はやめておきます。

次回の文学フリマは11月と半年のスパンがありますが、
その間に他のイベントにも参加予定ですので、その辺りも追って報告します。

ではでは、






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。