妄言録
プロフィール

乃木口正

Author:乃木口正
『妄人社』というサークルで、
小説を書いている乃木口正のブログ。

日々のあれこれ、創作のあれこれについて、
思ったり思わなかったりしたことを書いてきます。



閲覧者数



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



広告



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて、
まともに更新をしてから、随分と間が空いてしまいました。
ご無沙汰しております。
もしかしたら、はじめまして。
とーも、ブログ主の乃木口です。

前回、最近ブログに書くことがなくなっているから、創作について書くなどと放言したまま
フェイドアウトしたような状態になっていましたが、忘れていたわけではなく、
「とはいえ、自分にとって創作ってなんなんだろうね?」と、
改めて考えはじめたら分からなくなってきていたのと、気が乗らなかったのの二つです。
(どちらの比重が大きかったのかは、想像にお任せします。)

しかし、いい加減何か書かないと格好もつかないので、重い腰を上げようと思います。
少し長くなるかもしれませんが、お付き合いください。

『創作』。意識的にこれをはじめたのは中学生の頃だったと記憶しています。
当時、ヤングアダルトと言われていた小説ジャンル(今で言う、ライトノベル)を読みはじめた影響です。
あかほりさとる、神坂一などを熱中して読んでいました。
当然、書く小説は影響を色濃く受けたファンタジーものです。
でも、書きあげたのは一二作だったと思います。
今考えると、あれは創作というよりも、思いついたものをただ書いていた児戯だったのでしょう。

高校に入り、読む本が少しずつ広がりはじめます。
先に上げたものとレーベルは同じですが、大塚英志や乙一。また世間から批難される前の『バトル・ロワイヤル』。そして、清涼院流水。
読むものが現代ものになると、自然書くものも、現代を舞台にしたものが増えていきます。
さらに、高校では創作をともにする仲間と出会えたのも、私の創作にとって大きかったと思います。
その中の一人とは、いまだにつるんで私の書いた同人誌の表紙を描いてもらったりもしています。

創作は孤独との戦いでもありますが、他者からの刺激は戦うエネルギーになる。
私が性懲りもなく創作を続けられるのは、いつも近くに刺激を与えてくれる人間がいるからでしょう。

それは、大学に入学してからも同じでした。
一年の時はサークルに属さず、ひとりで小説を書いていたのですが、結局まともに仕上がったのは
長編が一作だけ。あとはことごとく途中で書けなくなりました。
二年生に進級したのを機に、漫研に入部。
コミケに参加する、創作活動を行うサークルで、小説の活動もしていたので戸を叩いてみたのです。
しかし、(大学の同級生がまれにこのブログを見るので声を大にして言えませんが、)
けっして小説活動もレベルが高かったわけではありません。
でも、同級生たちが書くものは、自分とは全く違うアプローチのもので刺激的でした。

読書傾向は、大学の講義との兼ね合いもあり近代文学や評論などへ移っていました。

しかし、三年四年となり、サークル内に後輩ができてその作品を読むにつれて、
違和感を覚えるようにもなりました。
苛立ちや不快感というと過激ですが、それに近い感情を読後に抱くのです。
当時は、それは設定のゆるさやぶれの問題だと思っていました。しかし、
後々それは『創作』することへの『自覚』の有無だと分かりました。
創作――言葉を発していることへの自覚なく、ただもっともらしい物語を形作っているだけのものにたいして抱いてしまう嫌悪感。
これは今もまだ私の胸にあり続けます。ただ、このことについては、次回以降に譲ることとします。

他人の創作に刺激を感じなくなった私は、サークルからやや距離をとるようになり、
再びひとりでの創作へと戻っていきました。
大学を卒業し、二年間プラプラしながら小説を書く、完全にダメな人間ルートへと入っていました。
でも、案の定、ものになった小説は片手で数えるのに十分すぎる点数しかありません。
当然、結果など何も残りませんでした。
潮時と思い、就職をし、当時付き合っていた恋人と結婚しました。
普通に考えれば、これで創作にささげた青春も幕を閉じるのですが、あにはからんや、
「今からが本番です。」

大学の同級生に誘われるまま、同人活動をはじめたのです。
最初は主催である彼女が立ち上げたサークルに寄稿するだけだったのが、編集をするようになり、
単著を作り、個人サークルまで作ってしまいました。

すでにサークルを立ち上げてから五年ほどになります。
いい年してこんなバカみたいなことに心血を注ぎ、突っ走れたのは刺激を与えてくれる人間が傍にいたからだと思います。

私を同人の世界へと引っ張った同級生や、いつも素晴らしい絵を描いてくれる高校の友人。
そして、イベントで知り合った人々。

創作は孤独との戦いです。
でも、ひとりのエネルギーでは作品は完成できない。
多くの刺激があって、はじめて作品を書き上げられる。
そんな風に、私は思います。

もしかしたら、これは甘えなのかもしれません。
でも、振り返ってみた時、私にとっての『創作』とはそうしたものでした。
もし、創作に行き詰っている人がいたならば、刺激をもらうことができる相手を近くに見つけることをオススメします。
もしくは、イベント参加を繰り返すのでもいいと思います。
多くの即売会に参加していると、交流がなくとも、同じ戦いをしている同士/同志から自然と刺激をもらうようになりますので。

そういう意味では、私の創作人生は趣味としては幸せな限りです。
近しい人間や交流のある同人仲間、交流はないが顔見知りのサークルさんなど、
様々な距離の人間からエネルギーをもらえているのだから。

自伝のようなものを長々と書いてきましたが、私にとって創作とは
「孤独との戦いであるが、ひとりでは戦い抜けないもの」というのが結論でしょうか。

もちろん、これが『創作』の全てと思ってもいません。むしろ、今回は割り合い綺麗な形にラッピングした印象です。
でも、嘘でもないです。
ま、簡単に語れるほど単純ではないということで、機会を見つけつつ創作語りを今後も続けていきます。

ではでは。
スポンサーサイト
ツッコミ
全然続いてないじゃんっ!!

という、ツッコミだけ置いておく。

いや、そのうち書きます。生きてます。
方針転換
さて、久々にブログを更新するにあたって、色々と考えたことがある。
それは何かというと、特に書くことがないということだ。今までも特に大したことを書いていたわけではない。日常のことや同人活動のことなど、その程度だ。
しかし、夏ごろからツイッターをはじめたおかげで、一言二言で済んでしまうことは、そちらでこと足りてしまっている。わざわざ長々とした文章にせずとも、140字で終わらせる方が、楽なのだ。
文章として書くと、どうしても起承転結を考えて書いてしまうが、ツイッターならば、脈絡のない言葉でも成り立つ。むしろ、呟きなんてものは、そんなものだ。
では、今後も一定のペースでブログを更新するにはどうしたらよいのか?
今までのままだと、結局ツイッターでの言葉が勝り、ブログで書くことが失われていく気がする。
では、まったく違う発想の言葉を発するのはどうか、とも考えたが、やっていて自己分裂に陥りそうだし、ブログとツイッターの両者を見ている奇特な人間からすると、矛盾だらけの発言に人間性を疑われかねない(それほど大そうな人間性があるのかは別として)。
では、どちらかを止めるか。しかし、それは何も解決していない気がする。
両者を投げ出さず、共に活用していく方法を考えたい。
そもそも、ブログをはじめたのも、ツイッターをはじめたのも、同人創作界隈の影響である。同人を続けている間は、なんとかこちらも継続したいのだ。
では、いっそう話題を限定すればどうだろうか。同人創作からはじめたのであれば、話題を創作に限定する。下手に日常的な誰にも喜ばれない話を掻き散らすのではなく、自身の創作および同人活動に対する考えをまとめる。それならば書き続けられるのではないだろうか。そもそも、読んでくれている人も創作界隈で知り合った人が半数以上ではないかと思うし……。
ツイッターは思い付きを垂れ流し、ブログでは創作のことだけを語る。これならば、両者が矛盾をきたすことも、内容が似通うこともない。
うん。しばらくはその方向で進めてみて、ダメならばまたその時に考えよう。

というわけで、しばらく創作のことを語り続けると思います。
まずは、自分の創作を振り返るという意味で、影響を受けてきた作品を思い出してみたいと思います。

ではでは、つづく。

テキレボ4 感想
こんにちは。乃木口です。

10/8に開催された同人誌即売会『Text-Revolutions』に参加してまいりましたので、その感想を書いておこうかと思います。これ以上引き延ばすと、面倒臭くなって書かないだろうからね。

さて、毎度のことですが、今回も色々とあったイベントでした。
全てを書くのは無理ですが、いくつかのトピックスを中心に記します。

まず、イベント当日ではないですが、今回のイベントに関連することで一番大きな出来事は、
前日に市役所に離婚届を取りに行ったことです!
役場の方は親切で、「子どもの権利書などもお持ちになります?」というようなことも仰ってくれました。
「いや、子供はいないので大丈夫です。」
と断り、その気遣いに心苦しさを抱きながら帰路へ。
そして、自宅で力強くマジックで必要なものを記入。
これで、心置きなくイベントへ参加する事ができる。

で、当日。
小雨ちらつく中、台東館へ足を踏み入れると、エレベーターホール前が人だかりでいっぱい。
何事かと思えば、他のフロアでやっている、紅茶のイベントや他の即売会にやってきた人々が折り悪く重なってしまったようでした。
一瞬、エレベーターが故障して、立ち往生になっている人だかりかと思ったので良かったです。(←テキレボにやってきた一般参加者だと思わないあたりが、我ながら薄情だなあと、あとから思ったりしました……)

会場入りし、設営開始。
テキレボの机は他の即売会と比べても大きい。横幅はほぼ同じだが、縦幅(奥行)が倍。
つまり、スペース内側から見ると、通路がすごく遠く見えるのです。
さすがに三回目なので慣れましたが、はじめて見たときは面食らいました。色々置けるのはいいけれども、会計が少しだけ大変なので、台東館未経験の方はお気を付けを。

その有り余るスペースを埋めるため、今回は珍しくちょっと凝ったことをしようと思い、事前準備をしてきました。
ツイッターでも呟いたのですが、『みにみす?2』という自著の表紙を模したディスプレイをするというのが、それです。
で、購入しておいたハロウィングッズの手首を、『みにみす?2』と書かれた離婚届の上に設置。
そう、離婚届はこのためにもらってきたのです。
いやー、役場の方があんなに気を使ってくれたのに、こんなくだらないことに使用してしまい、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。すみません。

イメージに近い形で設営はできたのですが、手首が思いのほかグロくて我ながらドン引きです。
ディスプレイを変更するか迷いましたが、せっかく準備をした小道具たちなので、そのままにしました。

で、イベントがはじまると、まあ、みんな驚きますよね。
ふらふらと机の上に並べられた色取り取りの頒布物を眺めていたら、手首がごろりと置かれているのだから。
最初は驚かせてしまって申し訳ないなあ、と思っていたのですが、段々と人が驚くさまが面白くなり、
終いには驚いた方に「どうぞ、おさわり自由です。」と手首に触ることを勧める始末。
頑なに断る方や、恐る恐る触れる人のその様子がまたたまりません。(こんなんだから、『良い性格』と褒められるのだろう)

ちなみに、両隣のサークルさんからも「動くようにした方がいい」などのアドバイスをいただき、大概なのは自分だけでないと心強くなれました。ありがとうございます。

買い物。
今回は手伝いなしで、一人で売り子をしていたので、買い物は何回かに分けて駆け足でものになり、じっくり見ることができなかった。一人サークルの不便な所は、買い物ができないというまさにここだと思う。
でも、当初から定めていた物はある程度買えたので、まあ良しです。

購入したのは、
・雲造探偵事務所事件録/tanaka
・それはいわゆる死亡フラグというものでして。/夕凪悠弥
・独りの青/森瀬ユウ
・電脳カリカチュア/清森夏子
・鍵が見つかりませんお月様。/土佐岡マキ
・濁流の果て/橙河さゆ
・オタクなカノジョのレンアイ事情②、③/堺屋皆人
(敬称略)の以上八点。すべて、ミステリ、サスペンスのふれこみがある作品ばかり。
他のジャンルに興味がないわけではないのですが(こう見えて、純文や評論も読みますよ)、
やはり自ジャンルのものはいろんな意味で一番気になります。

以前に比べ、ミステリ系の発行物が増えているのは、本当に嬉しいのですが、一つ不満を言えば、
何故『ミステリ風』だとか『なんちゃってミステリ』とか言うのか。
『ミステリ』でいいじゃん。「これが俺/私のミステリです。」と言えば良いじゃん。と、いつも思ってしまう。
いや、分かりますよ。自分みたいなメンドクセー奴に絡まれたくないから、
ミステリではないですよ、と断っているのは。
でもさ、でもさ……(以下略)

さて、だらだらと書いていると延々と続いてしまうので、ひとまずここまで。
打ち上げ、二次会については気が向いたら書きます。

ではでは。

ラスト3ハロン
どーもこんにちは。乃木口です。

9月4日からスタートした約1か月の間に3つの同人イベントに参加するという、
勢いだけではじめてしまった行いも、10月8日のテキレボでひと段落。

少し間が空いてしまいましたが、文学フリマ岩手と本の杜をここいらで振り返ってみようと思います。
ただ、イベントのレポートというより、備忘録的なメモと思っていただけると助かります。

『文学フリマ岩手』
この場でも以前に書いたので、存じ上げている方もいるかもしれませんが、
開催日が誕生日だったので、思わず参加してしまったイベント。
ただ、結果だけを言えば参加して大正解でした。
はじめたばかりのツイッターで、恥も外聞もなく「誕生日だ。祝えー。」と、
何度も呟いた結果なのか、沢山の方にお立ち寄り頂けました。
過去4年間で、おそらく一番多く頒布できたのではないかと思います。
ありがとうございました。
でも、このイベントでの一番のトピックは別にあり、それはお隣のサークルの発行物――――
『メフィスト・リブート』。
ツイッターでも呟いたが、あの時代に青春を過ごしたミステリ好きには堪らない作り。
そして、清涼院流水の衝撃にノックアウトさせられた人間――いや、神人には福音書だ。
あの一冊だけでも、参加した甲斐はあったと思う。
もちろん、他にも諸々購入しましたが。
次回は6月ということですが、はてさて、どうしようかな?

『本の杜』
こちらは第10回というアニバーサリー開催なので、久々に参加しました。
私の記憶が正しければ、妄人社ではじめて参加したのが本の杜だったはずで、
その時はコピー本が2、3冊だけのスペース風景だったことを考えると、時間の流れを感じます。
人見知りであまり積極的に人とコミュニケーションをとることが苦手な私ですが、
顔見知りと呼べるサークルさんも出来たのだから、継続という力は本当に偉大です。
このイベントでの最大の戦利品はテキレボアンソロ『和』でしょう。
私も寄稿させて頂いたのだが、まあ、その重厚感は実物を見て頂くのが一番ではないかと思います。
しかし、一番の出来事はそれらではなく、某イベントの主催者である御拗さんから
「ゲス」呼ばわりされたこと!
それもわざわざ大阪から電話で!!
(いや、本当は別件でのお話の最後にそんな笑い話になっただけで、悪意はなかったと信じたい)
閑話休題。サークルとしての実績は残念ながら芳しくはありませんでした。
敗因はいくつか考えられますが、一番は『天ヶ瀬結の事件簿』と『みにみす?』が
在庫切れを起こしていたことではないかと思います。
岩手で思いのほか手に取ってもらえた弊害で、シリーズの1巻がないという状況でした。
どちらも短編集なので、ナンバリング順でなくとも全く問題がないのですが、
自分もいち本好きとして、買うなら順番にというのはよくわかるので仕方ないですね。
以後注意したいと思います。

さて、3連戦の前半2イベントが終わりましたが、やはりイベントは楽しい。
苦労も多いが、それでも本を手に取ってもらった瞬間は本当に嬉しいし、楽しい。
いまだに複数の本を手に取ってもらうと慌ててしまう。それくらい、一冊に気持ちは乗せているつもりです。

この1か月を一つのレースに例えるならば、現在4コーナーに差し掛かり、残り3ハロンというところ。
気持ち良くゴールできるかは、ここからの準備次第。
思い切り楽しむためにも、3連戦最後のテキレボに向けて新刊を何とかものにして、駆け抜けたいと思う。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。